HOME>info>皮膚トラブルをなんとかしたい!そんな時は皮膚科に相談

皮膚トラブルをなんとかしたい!そんな時は皮膚科に相談

ナース

体にできたいぼは治療ができる

体にできるいぼはいつの間にか体にできている事が多いです。放っておいても痛みを伴う事は無いので一見すると問題ないように思われる人も多いと思います。しかしいぼは一つできてしまうと他の体の部位に移ってしまったり最初は小さくても後から大きくなってくるので、早めに除去しておく必要があります。いぼの除去は皮膚科で行う事ができます。いぼの治療法は液体窒素を使用して綿棒を患部に当てて治療します。この方法は液体窒素でウイルスが感染している細胞を壊し、炎症した患部の周辺の免疫細胞の治癒能力でウイルスを駆除する仕組みになっています。いぼ治療は回数を重ねないと完治する事ができないので、一週間から二週間に一度は皮膚科で治療を行いましょう。

女医

歩行中足の指が痛む

歩行中に足の指が痛くて確認してみたら足の爪が皮膚に食い込んで赤くなっていたという経験をした人はいませんか?この状態を陥入爪といいます。痛みを我慢してそのままにしておくと肉芽組織ができてしまう可能性があります。陥入爪になってしまう原因としては、足の爪を深く切り過ぎていたり、合わない靴を履き続けたりしている事により爪を圧迫しているからです。陥入爪の治療法としては、爪の角と皮膚の間にコットンを挟んで爪が伸びるのを待つという治療法や形状記憶ワイヤーを爪に固定して時間の経過を見る方法があります。

医者とナース

水虫は治せる

水虫の別名、白癬は足に多く起こる症状ですが、頭部や股部や体部にもできます。通気性が悪い所を好み繁殖するので足ふきマットやスリッパやタオルからも感染してしまう事があります。主な症状にはかゆみが出たり、患部が乾燥して皮が剥けてしまったりなど色々な症状があります。湿疹の症状と似ているので、判別がつかない場合は皮膚科で調べてもらいましょう。爪水虫の場合は、爪の色がピンク色以外の白や黄色に濁ってしまい、形も変形しやすくもろくなってしまいます。水虫の治療は塗り薬が一般的ですが、爪水虫の場合は、塗り薬だけでは患部に薬が浸透しないので、飲み薬も合わせて治療を行います。

広告募集中