痔でお困りの人に

トイレで用をたしている時お尻が痛くなるという人はいませんか?痔を患っていると、トイレで排せつをしている時激痛が伴います。また、酷くなると座っているだけでも痛みが伴うようになってきてしまいます。痔の痛みを和らげる薬は市販でも買う事ができます。また、肛門科で受診しても薬を処方してくれます。どちらが良いのでしょうか?

市販薬で痔を治すのと肛門科を受診する場合はどちらが良いのか?

市販薬の場合

痔の薬は薬局で取り扱っている所が多いので購入しやすい良さがあります。種類は内服薬と外用薬に分かれます。内用薬は座薬タイプ、肛門の外にある痔に塗る軟膏タイプ、肛門の内側に痔がある場合に使用する注入軟膏があります。痔が出来た場合、薬を飲んだり患部に塗って使いますが、あくまでも症状を和らげるものなので痔が完治するとは限りません。

肛門科に受診する場合

京都の肛門科で痔を治療する場合、日帰りで手術を行ってくれる所があります。再発しないようにその人にあった術式で行います。医者が手術を行ってくれるので疑問に思った事は質問でき、何かあればアフターケアを行ってくれるので安心です。

その痔ほっといても大丈夫?解決痔の悩みは京都の肛門科に相談しよう

医者たち

お腹を壊しやすい・便秘になりやすい人に向けて

ストレスなどでお腹を壊しやすい人や物を食べるだけでお腹を壊してしまう人、逆にご飯をたくさん食べているのに便が出にくい、という悩みを持つ人はたくさんいます。そんな人達向けに便秘・下痢外来というものがあります。医者がその人にカウンセリングを行い、便秘や下痢の原因を見つけどう改善していくか治療を行っていきます。下痢の原因は様々ですが、下痢が慢性化している原因は過敏性腸症候群によるものが多いです。それ以外にも腸疾患による大腸がんを患っていたり、アルコールをたくさん摂取していると下痢になる事が多いです。便秘になる原因としてはストレスや食生活による原因や腸閉塞のような病気による原因もあります。

診察

排せつ物がおかしいと感じたら

トイレをしていて排せつ物の色が黒かったり、血が混じったようなような便が多く出た場合、放っておくと大きな病気に発展してしまう可能性があります。その場合は、内視鏡検査を行う事でその原因を調べる事ができます。消化器は食べ物を吸収し、体のエネルギーに変換する為の大切な器官です。なので、定期的に検査を行う事で癌を発見する事ができますよ。大腸の違和感以外でも物を消化する胃も大切な器官なので、上部内視鏡を行うと、物を消化する為に必要な胃や食道の異常を早期発見する事ができます。

病院

消化器に多い癌

消化器外科は癌治療を行っている所もあります。癌の種類には食道がん、胃がん、すい臓癌、肝臓がん、肝がん、大腸がんがあります。もしも癌を患っていて治療を行いたいという人は、治療方法がいくつかあるので、知っておきましょう。癌治療は主に放射線治療、化学療法、手術により癌を取り除く方法があります。この中で化学療法は癌細胞が増えるのを防ぎ、癌の進行を抑える効果がありますが、抗がん剤の作用が強いので、副作用を伴います。なのでこの治療法を選択したい場合は、本当にこの治療を選択するのか慎重に決める必要があります。

広告募集中